スポンサードリンク

新型インフルエンザ に 効果 のない マスク って

新型インフルエンザ 対策 として誰でも自宅に買い置きをしている一つに マスク があります。

国民生活センターは、先日、表示ほどの ウィルス 遮断 効果 のない マスク が売られていると発表しました。

「 N95 」と言う表示を見たことのある方はかなりいると思われますが、
この「 N95 」の意味をきちんと理解して購入している方は、少ないのではないでしょうか。

「 N95 」とは、0.3マイクロ・メートル以上の塩化ナトリウムの結晶の捕集効果が95%以上あるものをさします。

簡単に言うと0.3マイクロ・メートルの粒子を95%以上捕集できるフィルターでできたマスクってことでしょうか。

Nは、耐油性がないことを表しています。

国民生活センターは、「 ウィルス対策 」「 N95 」「 99%遮断 」と表記された15銘柄の マスク を調べた結果、

捕集効果が95%ある マスク は、たった3銘柄だけ。

80%以下の物は、6銘柄で、そのうち3銘柄は、「 N95 」の表記があったというから驚きです。

つまり、 マスク に表記されている捕集効果は、100%信用できないのが現実です。

では、どこのメーカーの マスク が表記通りの商品なのか、一般市民は知りたいところですが、そこが分からないのが残念です。

また、 同センターは、 マスク は、すべての銘柄で顔とマスクの間に隙間ができ、ウィルスを完全に遮断できないとしています。

マスク の効果を過信せず、自分の顔に合ったものを選び、アルコールなどの消毒や、手洗い、うがいなど、他の対策もしっかり実行し、新型インフルエンザから身を守りたいですね。

スポンサードリンク