スポンサードリンク

デリケートゾーン の かゆみ 治療 と 対策

デリケートゾーン の悩みを抱えている女性は、案外多くいるようです。
特に、生理中に不快感と かゆみ を訴える人は、4人に3人だとか。

デリケートゾーン の かゆみ は、若い人と 更年期 の人とでは、原因が違います。

10代〜20代では、夜更かしや無理なダイエットなどで、免疫力が低下するなどの外的要因が多く、 更年期 の人は、 女性ホルモン の乱れといった内的要因が多いです。

洋服の流行にも左右される場合もあり、とくにデザイン性重視の下着は、化学繊維の物が多く、通気性が悪いので、蒸れやすくなります。
また、レギンスやスキニーなど、下半身を締め付けるスタイルにより、 デリケートゾーン がさらに蒸れやすく湿気がこもり、雑菌が繁殖することで かゆみ が発生する場合もあります。

更年期 の女性は、 女性ホルモン の分泌の低下により、膣の分泌物が少なくなり、潤いが減少することで、感染を起こしやすくなります。

まずは、かんたんにできるセルフケアをご紹介します。

一番注意することは、痒くても、我慢して掻かないことです。
掻くことによって、皮膚に傷ができて、またそこから雑菌が繁殖して、かゆみが広がります。

下半身を締め付ける下着は着ないようにしましょう。
夜は、通気性の良い、シルクのパジャマや汗を吸収するコットンの素材を身につけるようにしましょう。

デリケートゾーン の過度の洗いすぎは、かえって逆効果です。
必要以上に角質を落としてしまうと、皮膚のバリア機能がなくなり、まずますかゆみが増すことになるので、
ぬるめのお湯でサッと洗い流すだけで。

下着は、日光に当てて、カラッと乾かしましょう。
日光の殺菌効果と、湿気をなくして、カビを防ぐ効果があります。

ストレスをなくし、規則正しい生活を心がけましょう。
ホルモンのバランスが崩れると、免疫力が落ちて、 かゆみ につながることがあります。

また、おりものシートやナプキンは、こまめに取り換えて、清潔に保つようにしましょう。

最近、20代〜30代の女性に、 プチ更年期 ( 若年性更年期 )と呼ばれる症状が見られます。
これは、無理なダイエットや不規則な生活、偏った食生活、ストレスなどが原因と考えられています。

規則正しい生活、バランスのとれた食事を心がけ、ストレスをためないよう健康的な生活を送ることが一番ですね。

それでも、かゆみが治まらない場合は、思い切って病院に行きましょう。

スポンサードリンク