スポンサードリンク

歯 の ラミネートべニア に ご用心

接着するだけで 白い歯 になれる、と手軽さが人気の ラミネートべニア ですが、
最近、 ラミネートべニア が割れたと言うケースが多くなっています。

手軽さをうたい文句に、無理な施術をしている医師も多いそうなので、病院選びは慎重に。

ラミネートべニア とは、どんな施術なのでしょう。

ラミネートべニア法 の ラミネート は「薄い」、べニアは「板」という意味です。
薄い板を使った歯の ホワイトニング の方法の一つです。

具体的には歯の表面を薄く削って、その上に ラミネートべニア を貼っていきます。
イメージは、つけ爪をする感じです。

短い間で、簡単に歯を白くし、同時に歯並びを良くしたり、歯の形を矯正することができます。
見た目も非常にきれいに仕上がるので、見える前歯などに向いています。

治療法としては技術は要りますが比較的簡単に行えるため、施術する歯科医が増えました。
しかし、 ラミネートべニア の技術がないのに、安易に施術するため、後から、べニアが割れたりするケースが増えているようです。

ラミネートべニア は、保険が効きませんので、自費負担になります。
自由診療になりますので、料金も、病院によって、マチマチです。
だいたい、1本5万円〜18万円が相場のようです。

前歯を施術すると、相当の金額になりますので、歯科医と良く相談しながら進めることをオススメします。

どちらにしても、 ラミネートべニア の技術が高く、細かく料金を提示してくれる歯科医を選びましょう。

ちなみに、 ラミネートべニア の寿命は、10年くらいのようです。

スポンサードリンク