スポンサードリンク

まぶた下垂 眼瞼下垂(がんけんかすい) 手術 に ご用心

まぶた 下垂 の 手術 はご存知ですか?
まぶた は、悲しいことに、年齢とともに、垂れ 下がってきます。

この 垂れ下がり がひどいと、まぶた を持仕上げようと、おでこの筋肉を緊張するので、頭痛や肩こりの原因にまります。
また、無理に まぶた を持ち上げようとするので、おでこにシワがより、ますますおでこのシワが増えることになります。

最近では、この まぶた の 下垂 を直す手術が、一般的行われようになり、中高年の女性が多く、 眼瞼下垂 の手術を受けるようになりました。

美容の観点からも、私も受けたいな〜と思っていたのですが、思わぬ顔の変化に悩むケースが多いそうです。

69歳のある女性のケースですが、この 眼瞼下垂 の手術を受けた後、顔の印象が変わってしまい、人相まで変わったと気にやみ、このストレスから、肩こり、不眠が多くなりすっかり体調を崩してしまったそうです。

この女性は、「手術が失敗した」と思いこんで、元の顔に戻すべく、アンチエイジング医療が専門の病院で受診しました。
すると、医師は、女性の顔をみて、「失敗ではない」と言ったそうです。

まぶた を引き上げようと緊張していた額の筋肉が自然と緩むことで、眉の位置が下がってしまったのです。

眉の下がり 方は、個人差がありますが、人によっては、人相が変わってしまう場合もあるようです。

この女性は、 眉 を引き上げるため、額の皮を切り、 眉 がさがらないような手術を受けました。
その後、「自分の顔を見られるようになった」と気持も落ち着き、健康を取り戻しました。

医師によると、額のたるみと、 まぶた の 垂れ 具合をみれば、手術後の変化はある程度想像がつくそうです。
手術をすれば、頭痛や肩こりなどが改善されとはいえ、容貌が変わってしまうリスクもあるんですね。

このような説明で、手術を思いとどまる方が、3割ほどいるそうです。

まぶた の 下垂 の手術は、目が隠れて見えづらい人には、保険がききます。
ただ、手術後の容貌の変化の再手術には、保険はききません。

眉 の位置の修正手術まで、トータルにケアして、 眼瞼下垂手術 をしてくれる、病院にかかりたいものです。

また、瞼の下垂を治すだけなら、保険でも実費でも、手術の内容は変わらないそうです。

とにかく、美容目的から、簡単に手術を受けないで、よい医師と良く相談のうえ、手術をうけるかどうか、決断したほうが良いですね。

スポンサードリンク