スポンサードリンク

はなまるマーケット とくまる で紹介された最新美容医療

最新美容医療、これはとっても気になりますね。
50歳になり更年期を迎えた女性にとって、本当の意味での
老いを突きつけられます。

女性は、25歳を過ぎたころから、だんだんと衰えを
感じ始めますが、本当にヒシヒシと感じるのが、50歳前後。

この年代は、どんなにお金をかけてもよいので、若返りたいと
心から願う年頃です。

そこで、はなまるマーケットで紹介されていた最新美容医療を
ご紹介します。

まずは、美容医療の種類です。

薬では、飲むタイプ、塗るタイプなどがあります。
肝斑には、トランシーノなどのトラネキサム酸が有効と
されていますし、プラセンタなどはアンチエイジングには
かなり効果があります。

注射では、ヒアルロン酸やボトックスなどが、シワなどに
有効です。

肌に直接光やレーザーを当てる治療もあります。

光治療は、フォトフェイシャルと言われるものが一般的で
照射範囲は弱く、広範囲に当てることができます。
ただ、効果を期待する場合、数回の照射が必要になります。
ダウンタイムがないのも魅力的です。

湘南鎌倉総合病院の場合、1回35000円ほど。
数回必要なので、10万円以上は必要ですね。

老人性のシミなら、レーザーが効果的です。
照射はは強く、ピンポイントで照射します。
ダウンタイムは、1週間から10日ほど
照射した部分を絆創膏などで保護する場合もあります。

湘南鎌倉総合病院の場合、直径2センチのシミで
1回25000円ほど。ただし、1回で済む場合が
多いそうで、これは助かります。

すでにあるシワには、ヒアルロン酸が有効です。
1回の注射で、半年から8か月は持つようです。
費用は、ほうれい線の場合で、84000円ほど。

表情シワには、ボトックスが有効。
こちらも、1回の注射で、半年から8か月は持つようです。
費用は眉間のしわで、1回63000円、
額のシワだと1回94500円だということです。

ヒアルロン酸とボトックスの注射の料金は、東京港区の
サフォクリニックの場合です。

口腔内から粘膜を採取し、培養した自分の細胞を注射する
肌の若返りの再生医療ですが、こちらは100万円ほど。
名古屋大学大学院医科系研究科で行っているようです。

自分の細胞なら、拒絶反応がないのが良いですね。

美容医療も、飛躍的に効果が期待できるようになりました。

50代からの本格的アンチエイジングは、やっぱり
お金がかかりますね。

スポンサードリンク