スポンサードリンク

ほうれい線 たるみ には、レーザー と 脂肪融解注射

たるみ や ほうれい線 って嫌な響きですね^^;
最近は、頬の たるみ によってできる ほうれい線 をケアする 美容医療 が進んでいます。

顔にメスをいれる若返り 整形手術 はもとより、 リフトアップレーザー や 脂肪融解注射 が人気です。

まずは、レーザーを使った方法です。
30代や40代などの比較的年齢が若い方で、頬の たるみ でできた ほうれい線 の改善に向いています。

美容外科 や 皮膚科 によって色々な顔の リフトアップ の方法がありますが、 レーザー はメスを入れることなく施術できることがメリットです。

レーザー で、真皮層全体の水分を加熱することで コラーゲン を収縮し、皮膚への強力な引き締め効果を期待できます。

肌に ハリ や 弾力 を与える役割の コラーゲン ですが、 レーザー によって、繊維芽細胞という コラーゲン をつくる役割の細胞に働きかけるので、 コラーゲン が長期的に増生するということです。

リフトアップレーザーに比べるとお手ごろ感が魅力なのは、最近注目の 脂肪融解注射 です。

脂肪融解注射 は、

大豆の成分が含まれるため、大豆アレルギーの人はうてません。

脂肪融解注射 をたるんだ頬に打つのですが、注射の濃度や本数は、医療機関やドクターによって違うようです。

この 脂肪融解注射 の デメリットは、注射後にガマガエルの様に、顔が腫れることだそうです。
マスクで隠しても、隠しきれないので、この 脂肪融解注射 は、1週間ほど引きこもれる時期がいいようです。

ただ、腫れないとしっかり効かないと言うことなので、効果を期待するなら、1週間はガマガエル状態と言う覚悟が必要ですね^^;

あと、脂肪融解注射 後は、必ずマッサージを。
注射直後から、次第に腫れてくるので、ボコボコにならないためにも、マッサージは必須です。

美しさを維持するのは、努力が必要なんですね・・・(>ε<)

スポンサードリンク