スポンサードリンク

白髪や脱毛の原因は、17型コラーゲンの不足

17型コラーゲンってご存知でしたか?
白髪や脱毛の原因が解明されたと言う画期的な
ニュースが飛び込んできました。

東京医科歯科大学の西村教授らは、毛根にある
17型コラーゲンというたんぱく質が不足すると、
抜け毛や白髪の原因になることを
マウスを使った実験で解明しました。

コラーゲンを含む食品を食べれば、白髪や
抜け毛を防げるわけではないのですが、17型
コラーゲンの生成を促す物質を使えば、治療に
効果が発揮できそうです。

現時点では、17型コラーゲンを含む食品や、
増やすための食品が無いのが残念ですが、生成を
促す成分が分かれば、おのずと食品も分かるかも
しれませんね。

今まで何十年となく白髪染め選びに悩んできた私には
画期的なニュースです。

西村教授と北海道大学、金沢大学の研究チームに
よると、マウスを使った実験を行い、遺伝子操作で
17型コラーゲンを作れないマウスは、半年で
白髪になり、10ヶ月で全身の毛が抜けたそうです。

毛根幹細胞は、毛を作る細胞を生み出すのですが、
同時に、17型コラーゲンを作り出し、自らの維持に
コラーゲンを消費します。

毛根幹細胞は、髪の色もつかさどる重要な役割を
するため、17型コラーゲンがなくなり、毛根幹細胞が
減ると、白髪や脱毛が増えると言うことです。

17型コラーゲンの生成を促す物質が期待されますね。
こうなると、もう育毛剤や白髪染めは、必要なくなる
時代が来るかもしれません。

スポンサードリンク