スポンサードリンク

頬がこけた 老け顔 には、頬に自分の脂肪を注入

投稿日:

ふっくらとしたハリのある肌が若さの秘訣です。

しかし、年齢とともに、脂肪が痩せ、ふっくらとした弾力が
なくなると、とたんに老け顔になります(>_<)

老け顔の基準は、
瞼や目の下がたるみ、くぼんで見える
頬の位置が下がり、ほうれい線が目立つ
頬回りに、帯状の毛穴が目立つ
こめかみや頬がへこみ、髪をアップすると貧相に
肌に張りがなく口周りや眉間にシワが

と、このような症状が1つでもあれば、老化は確実です。

これを解消するのが、脂肪注入。

加齢により、痩せてしまった脂肪をもとのように、ふっくらと
再生し、たるみのない肌へと改善するのが、オートファイバーです。

自分の太ももや、お腹から、繊維質を含んだ脂肪を抽出し、
痩せこけた頬や凹んだまぶたに注入することで、
驚くほど、若々しい表情になるようです。

自分の脂肪なので、定着率も高く、治療時間は
たったの15分だとか。

ポイントは、注入の回数。

注入した脂肪は、生着していくのですが、1回目の注入では、
半分ほど、吸収されてしまうそうです。

脂肪をより完全に定着させるには、1年に3回ほど施術すると
より満足のいく効果を期待できるようです。

自分の脂肪なので、拒否反応もなく、アレルギーの心配もなく、
注入量は、10ccと少量のため、しこりにもならないそうです。

スポンサードリンク