スポンサードリンク

緑内障 白内障 加齢黄斑変性 自分で検査する方法

投稿日:

緑内障、白内障、加齢黄斑変性は、老化が原因で起こる
眼の代表的な病気です。

40代からは、眼の検査を受けると良いようです。

白内障は50代から、加齢黄斑変性は60代から増えます。
緑内障は、若いころでも注意が必要です。

緑内障は、小さな視野の欠けから始まるので、ほとんど
気づかないことが多いです。

緑内障は、視神経が障害を受け、少しずつ視野が欠けていき、
欠けた視野は元に戻りません。

緑内障は、失明の原因の第一位ですが、早期発見して、きちんと
治療を続ければ、生涯を失明せずにおくることも可能です。

眼圧が正常な緑内障もありますから、一番いい検査は
眼底の写真を撮ることです。

加齢黄斑変性は、自分でチェックできます。
チェック方法は、

片方の目を隠して、縦横に規則正しくひかれた直線の
図をみて、歪んでないか、ばやけてうす暗くなっていないか
確かめてください。

歪むのは、加齢黄斑変性だけとは限りませんが、網膜の真ん中、
または、黄斑の部分の病気である可能性があります。

ゆがみの検査は、将棋盤や碁盤でもできます。
なければ、障子の桟(さん)でも良いそうです。

検査のポイントは、片方ずつ見ると言うことです。
両目で見ると、片方の眼の異常が隠されてしまうことがあります。

飛蚊症と言う病気も多いですね。
飛蚊症は、蚊の様なものが飛んでいるように見えて、うっとうしい
病気です。

年齢とともに、眼球の形を保つ硝子体が委縮してくることが原因で
多くの人が経験します。
大半はほとんど問題ありません。

まれに、網膜がはがれてしまう網膜はく離の前触れと言うことが
ありますので、やはり一度は検査を受けた方が良いと言うことです。

最近は、眼の表面が乾くドライアイで悩む人も増えています。
パソコンやテレビを見続けると、まばたきの回数が減り、
ドライアイの症状が強くなります。

涙の代わりになる、目薬が効果的ですが、防腐剤の入っていない
目薬をおススメします。

と言うのは、防腐剤入りの目薬を習慣的に差し続けると、目に
障害が出る恐れがあるからです。

どちらにしても、40歳過ぎたら、眼の健康に注意し、
緑内障や白内障、加齢黄斑変性などの病気の検査は必須ですね。

スポンサードリンク