スポンサードリンク

新型腰痛の真実 痛みが激減する 脊髄刺激療法 たけしの家庭の医学

投稿日:

たけしのみんなの家庭の医学(5月11日)放送は、
新型腰痛がテーマです。

新型腰痛とは、腰部慢性疼痛のことです。

中高年も若い方も、男女関係なく、腰痛に悩まされている
方が多いですね。

この腰痛ですが、どんな治療をやっても治らない
腰部慢性疼痛と言うものがあり、患者数は、推定1000万人と
言われています。

この痛みは、長く放っておくことで、とんでもないことに
なるんだとか。

なぜなら、この原因は、脳だからです。

痛みを長く我慢すると、腰の痛みの原因を取り除いても、
脳が誤作動を起こし、痛みが延々と続くのです。

腰痛と言えど、とても怖い話ですね。

痛みのメカニズムを知ることで、人それぞれの腰痛の本当の原因が
分かると言います。

骨や椎間板が異常の場合で起こる腰痛は、MRI検査で
分かります。
しかし、腰痛でこの原因がわかる病気は、たった15%だ
そうです。

残りの85%は、生活習慣、血行不良、運動不足、ストレス
など普段の生活が原因の場合が多いのだとか。

BS-POP問診とは、ストレスでストレス性腰痛を判断する
検査です。

この検査から分かる原因は、運動不足、加齢、筋肉疲労、
出産・育児、喫煙、ストレスなどです。

タバコは、血行を悪くする原因の一つなので、腰痛の
ある方は、禁煙した方が良いようです。

また、脳が誤作動を起こしたことによる痛みは、
脊髄刺激療法で治療が可能です。

脊髄刺激療法とは、背中に電極を埋め込み、
脳への電気信号で痛みを和らげる治療です。

この最先端の治療を行っているのは、
日本大学医学部板橋病院、脳神経外科
片山容一先生率いる医師達です。

脳の誤作動による痛みは、今まで我慢するしか
ありませんでしたが、
脊髄刺激療法で痛みが軽減し、普通の生活ができるように
なります。

脊髄刺激療法を詳しく知りたい方は、
脊髄刺激療法のすべて
は参考になるかと思います。

番組を見る限りでは、最先端の手術から散歩まで
腰痛には、色々な治療法がありました。

腰痛は、自分に合った療法を選ぶと、かなり改善するようです。
腰痛でお困りの方は、長年の痛みから解放されると良いですね。

スポンサードリンク