スポンサードリンク

体内時計で痩せる 癌治療にも効果あり たけしのみんなの家庭の医学

投稿日:

たけしのみんなの家庭の医学(5月25日放送)では、
体内時計がテーマ。

体内時計は、睡眠、血圧、体温など、私たちが
生活する上で重要な働きを司る機能として
遺伝子レベルで注目を浴びているものです。

最近の研究で、同じものを食べても
太りにくい時間と太りやすい時間がある
ということが判明し、それを元に
ダイエットの成功した人が紹介されます。

その方法が紹介されると言うから、メタボの人は
必見でした。

体内時計のよる食事の時間は、起床した時間に大きく
左右されます。

理想の食事時間は、朝食は、起床から2時間以内、
夕食は、起床から10〜12時間以内です。

この時間から大きくずれると、どんどん脂肪を
溜めこむ体になってしまいます。

これによって、悪玉コレステロールの値が高くなり、
動脈硬化などを起こしやすくなると言うことですね。

カロリーを抑えようとヨーグルトやバナナなどの
朝食は、返って逆効果のようです。

朝食にたんぱく質を取らないと、内臓の体内時計が
リセットされず、昼食や夕食の食事の脂肪を
溜めこんでしまうそうです。

朝食に、卵や納豆、チーズなど良質なたんぱく質を
取ることが大切なんですね。

また、末期がんで手術不可能とされた患者さんが
体内時計を利用した治療で、手術が可能までに
なったそうです。

神奈川県の横浜市立病院では、これは、患者さんの
体内時計に合わせて、抗がん剤の治療が行われています。

この病院では、抗がん剤投与は、午後10時から始める
と言うから、驚きました。

肝臓の末期がんが、60%も縮小したと言うから
驚きです。

普通の病院は、昼間治療を行いますが、横浜市民病院では
昼間は、きちんとした食事や散歩などでゆったりと
過ごし、

午後10時から翌朝10時までの12時間だけ抗がん剤
投与の治療が行われます。
投与時間が短い分、1.5倍の量の抗がん剤が投与
されますが、副作用はほとんどないとのこと。

これは、この治療時間帯が、正常な細胞をなるべく
傷つけずに、癌細胞だけを死滅させることのできる
時間帯だと言うことです。

細胞分裂のリズムを最大限利用したこの体内時計を
利用した肝臓がんの治療を行っているのは、
横浜市民病院だそうです。

抗がん剤の治療の副作用も、見られないと言う
その驚くべき、体内時計の力ってすごいですね。

スポンサードリンク