スポンサードリンク

紫外線 シワ シミ 対策 たけしの家庭の医学 目の病気

投稿日:

たけしのみんなの家庭の医学(7月20日放送)は、
紫外線がテーマ。

紫外線と言えば、シミ・シワの原因になることは、もう
誰でもわかっていますね。最悪の場合は、皮膚がんにも
なると言う、肌にとっては危険な存在です。

しかし、紫外線はお肌だけに大敵なのではありません。
実は、50代以上、20人に1人は、この紫外線に
より、病に犯されているのです。

これは、意外な部分が、紫外線により犯されると言うことで
手術も余儀なくされるようです。

紫外線による目の病気は、翼状片、白内障、礆裂斑です。
瞼裂斑は、目の充血やドライアイを引き起こすので
要注意です。

礆裂斑を防ぐには、サングラスです。

私も、目が弱いため、紫外線のキツイ季節は、サングラスが
欠かせません。母は、原因不明の緑内障を患っていますが、
本人が分析するところによると、紫外線が悪かったのでは
ないかと言っています。

このように、紫外線は、若いころは何でもなくても、
年齢とともに、その牙をむいてくるんですね。

番組では、どのくらい紫外線を浴びるとシミになるのか?
と言った、専門的な知識も身につくので、シミ・シワを
気にしている人は、必見です。

まず、紫外線を避けるには、日傘はかなり効果があります。
日傘は、なるべく頭に近づけてさすのとさらに効果があります。

また、着る服で紫外線防止の効果が違います。一番紫外線を
通さない素材は、ポリエステルで、色は黒です。

汗を吸い取らないので、夏場にポリエステルが辛い場合は、
綿と混紡が良いようです。

紫外線の専門家の理想の日傘です。

【UVカット99%日傘】

理想の日傘は、外が黒、中が白、そして素材は
ポリエステルと言うことですね。

また、できてしまったシミを濃くしない方法は、日焼け
止めのクリームを塗ることです。

すぐにデキる紫外線対策法も紹介されましたから、早速
実践ですね。紫外線対策は、美容だけでなく、健康にも
大切と言うことです。

スポンサードリンク