スポンサードリンク

子宮がん 顎や顔を見ると分かる病気 たけしの家庭の医学

投稿日:

たけしの家庭の医学(9月14日放送)では、
女性に急増している病スペシャルと題して、女性に急増している
ある病気がテーマです。

以前は、男性に多かった病で、男性がなると思われていた
病気ですが、近年は、女性患者が急増しているのだとか。

睡眠時無呼吸症候群です。これは、眠っている間に、
呼吸が止まる病気です。

無呼吸症候群は、更年期を超えると、エストロゲンの分泌が
減り、女性の患者が急増するそうです。

これは、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす、命にかかわる
病気だけに、放っておくわけにはいきませんね。

顔を見るだけ、病のリスクが分かると言うから、家庭でも
チェックできます。

これは、どうやら顎の形らしく、痩せていても、顔が弛んで、
顎がない人が危険のような・・・

顎が小さい人は、寝てい間に喉を圧迫して、呼吸しにくく
なるそうです。

男性にしても女性にしてもどちらにしても、無呼吸症候群は
怖い病気ですね。

睡眠時無呼吸症候群を克服するためのエクササイズ マニュアル

子宮がんについては、いつもの子宮がん検診だけでは、危険
だそうです。

大黒摩季さんも、子宮の病気で休業というショックなニュースが
ありましたが、子宮の病気は、若い女性にも急増しているそうです。

ちょっとした知識がないことが、病を進行させる原因になることも
あるそうですので、ぜひ覚えておきたいですね。

私的には、大黒摩季さんの子宮がんと言う噂にはとても
ショックを覚えたので、今日のたけしのみんなの家庭の医学で
もっと子宮がんについての知識を増やしたいと思います。

子宮がん、予防できるなら、予防したいですね。

スポンサードリンク