スポンサードリンク

老化防止に干し野菜 ドライフード レシピと干し方 世界一受けたい授業

投稿日:

世界一受けたい授業(12月4日放送)では、
栄養UP老化防止・美肌効果のドライフードとは?
自宅で簡単に作れる方法とは?と題して、
干し野菜とドライフードがテーマでした。

干し野菜で一番有名なのは、干しシイタケですね。
天日で干すことで、シイタケに含まれるエルゴステリンが
ビタミンDに変化して、旨みと栄養が増します。

また、干すと肌の健康にいいβカロテンが飛躍的に増える
果物は、バナナです。

バナナは、2日ぐらい干すと美味しいドライバナナが
できあがります。乾燥させることで、成分が全部濃縮され、
特に、βカロテンの量が、干す前に比べて約15倍になると
言うからビックリですね。

今、あちこちの番組で、干し野菜がブームです。
NHKでも特集していました。

世界一受けたい授業での、野菜の干しかたです。

野菜を皮を残したまま薄くスライスします。水分が多いときは
水切りをして、ザルなどの上に乗せ、日当りが良く、また
風通しのいい場所に置き、3時間程度たったら、裏返します。
半日〜1日で半ナマ状態になりますので、これで完成です。

私が作ってみたいのは、干しリンゴです。
我が家は、リンゴの季節になると、頂き物のリンゴが
過剰気味になります。

リンゴは、輪切りにして干したものと、細かく刻んで
干したもので、ホットケーキを作ると良いみたいですね。

干しリンゴホットケーキの作り方は、簡単です。

細かく刻んだ干しリンゴをホットケーキミックスと混ぜ、
輪切りにした干しリンゴをホットプレートに乗せ、その上に
生地をかけて焼きます。

乾物は、昔から体に良いとされてきました。特に海産物の
乾物には、高血圧・高脂血症・糖尿病などに関係している
マグネシウムとタウリンが多く含まれています。

マグネシウムは、細胞の中から塩をポンプのように
吐き出す役目があるそうです。

マグネシウムやタウリンを多く摂取している人は、
高血圧・高脂血症・肥満が少ないという結果があります。

老化防止・美肌効果にドライフードがかなり効果が
あるようです。

スポンサードリンク