スポンサードリンク

冷え症 脳や心が冷える生活習慣 漢方で改善 たけしの家庭の医学

投稿日:

たけしのみんなの家庭の医学(12月7日放送)は、
冷えがテーマ。

冷え症で苦しんでいる人は、若い方から年配まで、ホント
多いですね。

日本人女性の70%が冷えに悩んでいると言われています。

私も、若いころから冷えには悩まされてきました。夏でも
足の先が氷の様に冷たく、冬は、電気アンカがないと
足先が冷たくて、まったく寝ることもできません。

この冷えって、脳の温度と関係あるのでしょうか?

脳が冷える?ってあまり聴いたことがありませんが、
脳の温度と【冷え】は、どうやら深い関係があるようです。

脳の温度は、普通37度だそうです。脳の温度は、耳の
中の鼓膜の温度を測ると分かります。

脳の冷えを診断できる医療機関、北里大学東洋医学総合
研究所で冷えの治療をしている患者さんの内、なんと3割が
心の冷えが関係している冷えだと言うから、ビックリです。

心の冷え症とは、ストレスや精神的要因が冷えを増大させる
冷え症だと言うことです。

冷えには、身体的要因の冷えと精神的要因の冷えがあると
言うことですね。

番組では、心の冷え(精神的要因)を診断できる20の
セルフチェックがありました。

1.人の意見に左右されやすい
2.ユーモアは理解できるほうだ
3.人には逆らえない
4.人を笑わせるのは上手なほうだ
5.自分の評価は気になってしまう
6.楽しいことには、関心がある
7.人の顔色をうかがってしまう
8.どんな場でも打ち解けられる
9.他人の目が気になる
10.新し物好きだ
11.人の意見が気になる
12.にぎやかなのが好き
13.決心はぐらつきやすい
14.ものおじしない
15.優柔不断である
16.明るい性格だ
17.他人に指図されやすい
18.人見知りしない
19.決断が苦手である
20.良く笑う

奇数項目は、周囲優先度
偶数項目は、自分優先度

奇数項目が5つ以上で、偶数項目がそれ以下だと
ストレスを受けやすく、心の冷え症の可能性が
あるそうです。

また、もう1つの冷え、身体的要因の冷え症の
セルフチェックです。

■熱が作れない冷え症
体は細めだ
手と足の先がいつも冷たい
汗はほとんどかかない
寒いと気分が憂鬱になる
食事の量は少なめである
冷えると頭痛がすることがある

■熱が逃げやすい冷え症
太ももや二の腕がひえる
自分では冷えを感じているのに、手足を触ると温かい
アレルギー体質である
お腹が冷えやすい
冷えるとお腹がはったり痛くなる
冷えると頭痛がすることがある

■熱が運べない冷え症
足や下半身は冷えるが、上半身は温かい
頭がのぼせたり顔や上半身が冷える
特に頭や上半身に汗をかきやすい
お腹が冷えやすい
冷えるとお腹がはったり痛くなる

身体的要因に精神的要因が加わると、冷えはますます
ひどくなるようです。

脳の温度が下がってしまう精神的冷えの原因は、
ストレスです。ストレスを溜めてしまう悪い生活習慣を
正せば、脳の冷えは解消できると言われます。

どちらの冷えにも効く入浴法は、10分間お湯に
しっかり浸かることだそうです。

入浴中に、ストレッチ運動をすることで、もっと
効果があるようです。

スポンサードリンク