スポンサードリンク

糖尿病が完治する新薬 血糖値を下げる新薬 インクレチン ためしてガッテン

投稿日:

ためしてガッテン(12月8日放送)では、
血糖値を下げる 革命的な新薬がテーマ。

この新薬は、アメリカで開発された2型糖尿病の薬で
糖尿病が完治すると言う夢の様な薬です。

たけし軍団で活躍していたグレード義太夫さんは、
現在、糖尿病の合併症で、腎不全を起こし、人工透析を
受ける生活をしています。

グレード義太夫さんは、糖尿病の怖さを痛いほど
知っていた人です。何故かと言うと、義太夫さんの
父親は糖尿病で亡くなっていたからです。

しかし、怖さを知っていた義太夫さんがなぜ糖尿病を
悪化させてしまったのでしょうか。

それは、糖尿病は、自覚症状もないため、ついつい薬を
飲み忘れ、治療を継続しなかったからです。

皆が待望していた、糖尿病が完治するこの新薬は、
「アメリカ毒トカゲ」がいたから開発できたそうです。

このアメリカ毒トカゲは、食事をしても全く血糖値が
上がらない生き物なんだそうです。

このトカゲは、糖が口に入ったとたん、膵臓に指令が
飛び、血糖値を上げないような仕組みになっている
そうです。

それに比べ、人間は、口ではなく、糖が小腸に到達した時に
やっと膵臓に指令が飛び、膵臓が働き始めるようです。

このアメリカ毒トカゲの「お知らせ物質」があれば、すぐに
膵臓が働きだし血糖値の上昇を防ぎます。

このアメリカ毒トカゲの「お知らせ物質」こそが、
インクレチン関連薬なのです。

インクレチン関連薬のメリットです。

・高血糖の状態が短くなる
・低血糖の副作用がない
・1日2回の服用
(数年後には、1週間に1回の注射ですむ薬が
 日本にも登場するそうです)

インクレチン関連薬は、今までの様な糖尿病の薬のように、
1日に何回も大量に服用する必要がなくなります。

また、インクレチン関連薬の服用で、完治しない
糖尿病が完治する可能性もあるそうです。

現在の糖尿病の治療は、食事・運動・薬の服用が
基本ですが、これにあることを加えると、画期的に
血糖値が下がる方法があります。

この「あること」とは、「血糖をはかるだけ」です。

「はかるだけ血糖値」は、保険もきき、1万円くらいで
購入できます。

血糖値を測ると、血糖値を気にするようになり、
本人が自然と気を付けるようになり、結果、血糖値が
下がるようです。

新薬に期待できますが、その前に、少しでも血糖値を
下げる努力をして、糖尿病の予防に努めたいですね。

スポンサードリンク